食べる男性

おしゃれな女子会|ガールズトークに花咲かす

粉もん文化がある専門店

揚げ物

衣に対するこだわり

飲食店の数が軒並みに展開されている難波には、グルメ通も足繁く通う老舗の串揚げ専門店が多く、サッと立ち寄り、サッと食べられるスタンスとなる立ち食いでの利用が特徴の1つです。難波で昔ながらの味をそのままに、串揚げのみで営業する飲食店は馴染みの客から新規の客にまで支持されているのも特徴です。また、串揚げの特徴として、用いられる衣はサク・モチとしており、フライとは異なる食感で、粉もん文化が根強い難波でこだわりの1つに挙げられています。衣のキメが細かいのも特徴の1つで、ソースとの絡まりを良くしているだけではなく、食べやすいサイズでの提供であるため、油による胃にもたれない油切れの良い衣に仕上げられています。

二度付けはタブー

難波のグルメ通が通う串揚げ専門店の多くは、串揚げのメニューの豊富さはもちろん、ソースにこだわっていることでも評価されており、独自でブレンドさせたオリジナルソースに付けて食べるのが主流となっています。衣に浸透しやすいソースであるものの、他のお客様との共有でのソースが提供されており、揚げたての串揚げが手元にセットされた後、自分好みでソースにくぐらせる食べ方が提案されています。衛生面などから配慮し、ソースの二度付けを禁止している飲食店は多く、一度付けを主流としています。ですが食材によって、一度付けでは全体にソースが絡まない場合もあり、テクニックとしては無料にて提供されるキャベツでソースをすくい、食材にかけることで周りにも配慮することが可能です。